E-BLUE ドライバー解説ページ

E-BLUEのマウスドライバーについて解説ページです。
ドライバダウンロードページ:http://e-3lue.com/int/download.html
先ず、こちらからドライバのダウンロード及びインストールを行って下さい。

対応製品リストはこちらとなります。
対応型番 EMS144BK [Auroza]
対応型番 EMS602BKAA-IU [Auraza type IM]
対応型番 EMS607BKAA-IU [AUROZA-G]
E2 メイン画面です。メイン画面の説明です。
Key Functions 画面左側、マウス本体の各ボタンの設定を行う場所
Profiles 1~5のボタンに割振った設定の5個のプロファイルを切替
Defaults 全てのプロファイルの設定をリセットします
OK Applyと同じですが、画面も同時に閉じます(常駐は消えません)
Cancel 前回のプロファイル状態に戻します(作業中の場合のみ)
Aplly ボタンの設定をプロファイルに保存します




E3 各キーファンクションの設定方法の説明です。
Click 右クリック
Menu 左クリック
Middle Click ホイールダウン
Forward 進む
Backward 戻る
Scroll Up 上スクロール
Scroll Down 下スクロール
Scroll Left 左スクロール
Scroll Right 右スクロール
Open Driver E-BLUEのドライバー画面を開く
Double Click ダブルクリック
Disabled キーの無効化



Windows ShortCut

E4

Windows SC キーやメディアSCキー、マクロキーなどの設定についての説明です。


Shut Down シャットダウンします
Hibernate 休止モードに入ります
Browser Search ファイル等の検索画面を出します
HomePage ページ内 トップページへ戻る
ページ外 新規ブラウザーを開く
Refresh 更新ボタン(F5と同じ機能)
My Computer マイコンピューターを開く
Stop 停止
Backward 戻る
Forward 進む
My Favorite ブラウザのお気に入りを開く
EMail 規定のEメールブラウザーを開く
Calculator 電卓を開く



WIN8 ShortCut

E5

Windows8のショートカットキーの説明です。


WIN + Q Software Menu スタート画面(メトロ)の「アプリ」を対象に検索モードで表示
WIN + U Easy Setting Center 「コンピュータの簡単操作センター」を開く
WIN + I Setting チャームバーの「設定」を表示
WIN + R Command 「ファイル名を指定して実行」ウインドウを表示
WIN + X Right Click Win ke アプリケーションを除いたスタートメニュー用項目一覧(システムコマンド)を直接表示
WIN + F Search スタートスクリーン(メトロ)の「ファイル」を表示
WIN + D Minimize Windows 開いているウインドウをすべて最小化して、デスクトップを表示
WIN + E My Computer エクスプローラを表示
WIN + C Charm Menu Windows 8の「チャームバー」を表示



Media ShortCut

E6各メディアキーの説明です。


Mute ミュート
Volume Up 音量を上げる
Volume Down 音量を下げる
Next Track 次の曲へ
Previous Track 前の曲へ
Stop 再生を中止(一時停止ではない)
Play/Pause 再生/一時停止
Media Player 規定のメディアプレイヤーを開く



Office ShortCut

E7

オフィス系のショートカットの説明です。


Open Word Wordを開きます(別ウィンドウ)
Open Excel Excelを開きます(別ウィンドウ)
Ctrl + X Cut カット
Ctrl + V Paste ペースト
Ctrl + C Copy コピー
Ctrl + A Select All 全て選択
Ctrl + P Print プリント



Virtual Keyboard

key_blue

最大3個までの同時押しを1個のボタンに設定できる項目です。

キーによって多少の制約があります。

※1 「SHIFT」「CTRL」「ALT」等のボタン + その他2個 可能 Ex)SHIFT + ALT + A/ CTRL + SHIFT + A

※2 数字やアルファベットのみの同時押しは2つまで。また、前に来る文字が先に表示されます。 Ex)A + B →AB / 3 + K→3K / K + 3→K3



Quick Lauch

E8

指定したファイル/ソフトを起動します。





 Profile Cycle

次のプロファイルへ移動します。

Ex)1→2/ 5→1

※次のプロファイルに移動した際、他のプロファイルにもProfile Cycleボタンを設定しない場合、マウスのボタン上でのプロファイル移動は出来ません。こちらを設定する場合、使用用途にもよりますが全てのプロファイルに設定することをお勧め致します。



Fire key

E10

Clickを設定した時間とディレイで連続で実行します。

※1 実行している間はマウスポインタの移動及び他の動作を実行出来ません。





Macro Key

E9

こちらでは、マクロキーの設定の解説をします。

「マクロとは?」

 

1つのボタンを押し、複数のコマンド(単体キーや遅延の組み合わせ)を実行させる設定の事です。





マクロの保存方法

E11

1.マクロ設定画面の赤ボタンをクリック

2.赤と白で点滅をしている間は「記録」モードとなります。その間に押されたキーや遅延が記録されます。

3.停止する場合は赤ボタンをクリックします。

1~3の手順で入力を行うとこのような画面になります。

この状態で「OK」を押せば、保存されます。

これはA/B/Cのボタンを順にプレス(押す)、リリース(戻す)を行うというマクロです。

下に赤い矢印が出ている場所が「プレス」

薄く上に矢印が出ている場所が「リリース」となります。






遅延(ディレイ)時間の変更方法

E12

変更したい遅延(ディレイ)をダブルクリックすると、秒数を変更する事が可能です。

※最大で65535msまで設定できます(1個につき)






詳細設定

E14

入力したキーや遅延(ディレイ)を右クリックするとこちらの画面が表示されます。


Record New Action 指定したキー・遅延の下に再度記録モードで挿入します
Delete Action 削除 ※プレス・リリース単体で削除可
Move Up Action 1つ上に移動させます
Move Down Action 1つ下に移動させます
Copy Action コピーします
Cut Action カットします
Paste Action 指定したキー・遅延のすぐ下に貼り付けます